2021年3月14日(日) 大学推薦AO入試の神・藤岡慎二先生オンライン講演会「大学・学部の選び方のポイント~高校生活はこう過ごそう~」「志望理由書・自己PR書き方セミナー」を開催します。

きたる3月14日(日)、
学校推薦型選抜・総合型選抜(※)の先駆者である
株式会社Prima Pinguino代表取締役・藤岡慎二先生をお招きし、
Zoomにてオンラインセミナーを開催いたします! 
(※)旧称:大学推薦・AO入試



しかも同日開催で、
「学習塾関係者向け」と「生徒・保護者向け」の二本立てです。

まずは、「学習塾関係者向け」からご紹介します。



【学習塾関係者向け】

講師の藤岡慎二先生は、自ら教育ベンチャー企業を経営しながら、
全国の離島中山間地の小規模公立高校の立て直し支援、
さらに北陸大学経済経営学部や産業能率大学で教授を務めるなど、
パワフルに活躍する教育界きってのイノベーターです。

特に学校推薦型・総合型選抜においては、
かつて推薦・AOと呼ばれたその黎明期から早くも独自の指導論を確立。

そのメソッドは早慶など最難関レベルの大学に次々と合格者を送り出し、
大手予備校や全国の学校でも取り入れられています。

弊塾・教室長も8年ほど前、藤岡先生より徹底したマンツーマン研修を受け、
推薦・AOで関関同立クラスの合格者を出すことができるようになりました。

今年度も藤岡メソッドをフル活用して、7名の合格者が生まれています!



以前は理解や認知がいまひとつで、学力がなくても合格できるだとか、
一芸入試の一種だといった誤解も多かった推薦・AO入試ですが、
近年では6割前後もの受験生がこれらの入試で大学進学しています。

AO入試が市民権を得たお話は、以前のメルマガでもまとめていますので、
ぜひ合わせてご覧ください。

<推薦・AOは邪道!?>
https://note.com/yasuta_rp/n/nfbd639458617


そんな学校推薦型・総合型選抜ですが、
今年度は特に対策に苦慮した受験生も多かったようす。

コロナの影響で部活動やボランティア、探究活動などが
ことごとく休止・中止に追い込まれてアピール材料を揃えられず、
志望理由書や活動報告書に何を書けばいいのか分からなかったからです。

もちろん「入試アピールのために活動実績を積む」など本末転倒ですが、
仮にどれだけ意欲的に活動をしてきたとしても、
それが受験生の魅力となって大学側に伝わらなければ合格はできません。


また、上記の過去記事でも触れていますが、今後の大学入試は、
人物評価も含めたAO入試タイプ(総合型)に
比重がシフトしていくと言われています。

これを受験生目線で考えると、学科試験の対策しかできない塾と、
学校推薦型・総合型にも対応できる塾とでは、
魅力度や安心感がまったく違いますよね。

そこで、藤岡先生による3時間みっちりの研修で、
書類作成で必要なポイントや添削方法、
生徒さんへのアプローチ方法などを学んでみませんか?

私たちが「正しい志望理由書や自己PRの書き方」をきちんと学び、
受験生の魅力が伝わる書類作成をサポートしていきましょう!



【生徒・保護者向け】

高校生の生徒さんとその保護者さん向けに
「大学・学部の選び方のポイント~高校生活はこう過ごそう~」
というテーマでお話しいただきます。


大学受験で志望校選びをする際、
こういう考えの生徒さんって多いのではないでしょうか。

「うーん、自分は文系だしとりあえず経済学部?」
「大学へ行けたらそれでいい。何を学ぶかとか、将来のことは後から考える」


「自分の人生なんだから、もうちょっと真剣に自分で調べてみろよ!」
と思わなくもないですが、彼らは何を基準に進路を選べばいいのか、
軸となる情報をそもそも与えられていません。

主体性も意識も高く、放っておいても自分で調べてくる子もいますが、
実際には少数派でしょう。

ですから、多くの高校生にとっては、そのきっかけとなる情報やヒントを
私たちが届ける必要があると思います。

大学や学部学科をどう選んでいけば良いのか、
「考え方」や、各学問の内容について教えなければいけません。

今回は、それを藤岡先生からお話しいただこうと思います。


ちなみに弊塾では、毎年このテーマで
塾生向けに藤岡先生の講演を開催しており、好評を博しています。

自分は大学で何をやりたいのか、
なぜ大学へ行くのかを考えるきっかけになるので、
その後の受験対策に臨む姿勢もずいぶん違ってきますよ!


高校生の生徒さんや保護者さんに向けたセミナーにはなりますが、
私たち塾関係者にも役立てていただけます。

例えば「経済学部と経営学部ってどう違うの?」と生徒さんから聞かれて、
あなたは的確に答えることができますか?

恥ずかしながら、私も最初は
「え? 確かに言われてみればどう違うんだ?」と考え込んでしまいました。

また今回の講演テーマには、大学受験まで見据えつつ、
高校生活を有意義に過ごすヒントがたくさん盛り込まれていますので、
新高1生(現中3)の、継続通塾のツールとしても効果があるでしょう。

2021年度から大きく変わった新しい大学入試制度についても
お話しいただきますので、高等部を充実させるにも最適です!


なお、生徒・保護者さん向け講演はオンライン配信でお届けしますので、
人数無制限で視聴することが可能です。

ぜひ、生徒さん・保護者さん、さらには貴塾の運営にお役立てください。



費用は「塾関係者向け」「生徒保護者向け」が各18,000円(税別)です。
どちらかだけでも、両方でも、貴塾のニーズに合わせてお選びください。

お申込みいただいた方には、下記三つの特典をお付けします!


【特典1】両セミナーをお申し込みの場合、20%OFF!!


どちらかのみのお申込みももちろん可能ですが、両セミナーセットの場合、
20%オフの36,000円(税別)→28,800円(税別)でご案内いたします。


【特典2】アーカイブで後日視聴が可能

どちらのセミナーもアーカイブがありますので、
当日参加できなかった方でも後日視聴していただくことが可能です。

参加された方も復習用にご覧いただくことで、学びが一層深まります!


【特典3(塾関係者向け)】1塾さまあたり3名様まで参加可能

塾関係者向けセミナーは、1塾3名様まで受講いただけます。

ご自身がお一人で参加されてスタッフに向けて再研修するのは、
時間も手間もかかる作業です。

ぜひご一緒に学ばれてみてはいかがでしょう。



いかがですか?

コロナの影響による先行きの不透明さはいまだ拭えません。
その不安から、来年度も

「少しでも受験(大学進学)のチャンネルを増やしたい」
「早めに進路を確定させたい(総合型選抜は8~9月ごろが出願ピーク)」
「大学の情報をしっかり得ておきたい」

と考える生徒さんや保護者さんが増えることも予想されます。

多くのお申し込みが予想されますので、
ご希望の方はお早めにお申し込みください。


【塾関係者向け】
<志望理由書・自己PR書き方セミナー>

■日 程  : 3月14日(日)14:00~17:00
■詳 細  :
14:00~15:20  「志望理由書の書き方とポイント、生徒へのアプローチ法」
15:25~16:45  「自己PRの書き方とポイント、生徒へのアプローチ法」 
16:45~17:00  「質疑応答」
■参加方法 : オンラインシステム「Zoom」を使用
■参加対象 : 塾関係者(塾長・教室長・社員・講師スタッフ)
■参加費用 : 1塾あたり18,000円(税別) 
■定 員  : 15塾(あと5塾) ※1塾3名まで参加可能
■申 込  : https://beast-ex.jp/fx3926/AO


【高校生・保護者向け】
<大学・学部の選び方のポイント~高校生活はこう過ごそう~>

■日 程  : 3月14日(日)10:30~12:00
■詳 細  : 大学・学部の選び方のポイントや新大学入試について
■参加方法 : 視聴URLによるオンライン配信
■参加対象 : 塾生およびその保護者
■参加費用 : 1塾あたり18,000円(税別) 
■定 員  : 15塾(あと5塾) ※1塾当たりの人数制限なし
■申 込  : https://beast-ex.jp/fx3926/AO



【特典1】
両セミナーをお申し込みの場合、36,000円(税別)→28,800円(税別)

【特典2】
アーカイブで後日視聴が可能(3月28日まで)

【特典3(塾関係者向けセミナー)】
1塾さまあたり3名様まで参加可能



【講師紹介】
◆藤岡慎二先生
株式会社PrimaPinguino 代表取締役
https://pripin.co.jp/
北陸大学 経済経営学部 客員教授
産業能率大学 経営学部 教授


予備校講師、教材開発、カリキュラム開発などを経て、
その経験を活かして「高校魅力化プロジェクト」を全国に広げる。

AO入試の可能性に早くから注目し、その指導を単なる受験対策に留めず、
ハイレベルな人材育成カリキュラムにまで高めた先駆者。

前例にとらわれて思考停止することを嫌う根っからのイノベーター。

「改革を仕事にする」「自分の足元を世界の中心に」をモットーに、
荒波に最初に飛び込む「ファーストペンギン」を育てることに尽力。

この情報をシェア

安多 秀司 安多 秀司 株式会社リアル・パートナーズ代表

大学卒業後、京都・滋賀・大阪・兵庫等に教室を持つ「成基の個別教育ゴールフリー」に入社。
最年少教室長として、川西教室(兵庫県)で3年間務める。その後、「スタンダード家庭教師サービス」を運営する株式会社スタンダードカンパニーに入社。「個別指導塾スタンダード」の立ち上げに尽力し、事業責任者として30数教室の 新規展開を行う。
その後独立し、平成20年7月「個別教育フォレスト」を設立。開校1ヶ月で35名の入会があり、わずか1ヶ月で損益分岐点を超える。現在はキャンセル待ちの塾として地域No.1の個別指導塾を運営している。
今でも現場主義を貫き、常に通塾中の顧客に対して満足度を高める工夫を実践している。

目次
閉じる